一人暮らしのウォーターサーバー

水の重要さが認識された現在、ウォーターサーバーはオフィスや病院などの公共機関、または一般の家庭にも普及しています。

しかし中には『一人暮らしだから』という理由で導入に躊躇している方がいるかもしれません。


実際、メインターゲットは3人以上の家族です。



実はウォーターサーバーには毎月2本(合計24リットル)を購入し飲む必要性(ノルマ)があります。
夏場は暑さで喉が渇きますから、このノルマの達成は余裕なのですが、冬場は基本的に水を飲む機会が減るので、このノルマ達成がなかなか難しくなります。

また、自炊をしているのであれば、調理によって使用料は増えますが、自炊をせずに外食がメインだという方は要注意です。

もし、一人暮らしの方がウォーターサーバーを導入するのならば、最適なサーバーを選ばなければなりません。
どのような点を考慮すべきかというと、一番重要なのはボトルの容量の大きさです。

水にも賞味期限があるので、一人で使用するのであれば一度開封したボトルは2週間以内に使い切ることがベストです。となると、やはり小さいボトルの方が最適ということになります。

また、ボトルの取り替え作業を行うのが女性であれば、なおさら小さいボトルが最適です。

ウォーターサーバー情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

またサーバー自体の大きさも選択の際に考慮すべき点となります。

ワンルームのアパートやマンションなどの場合、部屋のスペースがあまりないことでサーバー設置をあきらめてしまうケースもありますが、最近では、省スペースでスリムなサーバーや、キッチンの隅にも置くことができる卓上タイプのサーバーも多数存在していますので、自分の住まいにあったサーバーを選択することが出来ます。

産経ニュースってとにかくお勧めなんです。

また、ボトルの中には使い捨て可能なワンウェイタイプのものがあり、空の水ボトルは小さくたたんでゴミ箱に捨てることが可能です。


このように、ウォーターサーバーの中にはむしろ一人暮らし向けのものが多数あります。