美容外科と形成外科の違い

美容外科と形成外科の違い

美容外科とは、自分の容姿にコンプレックスや不満を持っていることで自分自身を自由に表現出来なかったり、性格的に引っ込み思案になってしまったりして身体の機能的には何の支障が無くても精神的に負担をもたらすものであるならば美的に形成して負担を除去、軽減をはかろうという美容を目的とした医療です。

身体の何の異常も無い健康な部位を治療するため、健康保険の適応外の自由診療になります。




美容外科の治療対象項目には、まぶた・鼻・顔の輪郭形成・顔の若返り・乳房・肥満・毛髪・その他(ほくろのレーザー治療など)等があり自分の容姿にコンプレックスや不満を抱えてる人に希望を持たせる科でもあります。



形成外科とは、身体各部の表明の器官、組織について機能異常を伴う形態の異常(口唇裂、外傷または火傷、外傷からくる顔面の変形など)がある場合に、これらを修復・再建することを目的とする医療の事で、形成外科は機能異常が大前提なので健康保険の適応を受けることが出来るので美容外科とは全く異なる科になります。



日本では、医師免許を有していれば誰でも美容外科医を名乗ることが出来るため経験の浅い医師やずさんな管理体制での施術行為により死に至ったり、機能障害の発生、非可逆的に身体への負担を受けることもあります。



美容外科は全国に数多く点在するため、医院選びは大変ですが情報収集やコンプレックス部位への治療方針などの医師との意思の疎通など色々な面で考慮し選びたいものです。



http://www.ifaroma.org/jp/home/
http://www.aromakankyo.or.jp/
http://www.jaa-aroma.or.jp/


Copyright (C) 2014 美容外科と形成外科の違い All Rights Reserved.