ウォーターサーバーの天然水とピュアウォーター

ウォーターサーバーでは天然水という言葉が用いられますが、この言葉はどのような意味なのでしょうか。

ウォーターサーバーに用いられる天然水は、天然の状態に近い状態のものを指します。


天然の水そのままでは不純物が含まれていることもありますから、まずろ過によってこれらを取り除くことは必須な操作の一つです。
そして、殺菌をすることもあります。

ろ過や殺菌しか行っていないものが天然水と考えれば分かりやすいでしょう。
それ以外の加工をしたものもあります。
たとえば、ピュアウォーターと呼ばれる水は、RO膜で処理したものを指します。

RO膜は一般的なろ過に使うフィルターよりも遥かに細かく、ミネラルなどもと通しません。
ですから、ほぼ純粋な水が出来上がります。



言ってみれば、ただの水です。

単なる水ですから味もしませんし、微量に含まれる元素による健康増進効果等も期待できないでしょう。

ただの水です。

ピュアウォーターのウォーターサーバーは、純粋な水を求める人には適していますが、味のおいしい水を求める人には適していません。



ウォーターサーバーの美味しさは、含まれているミネラルによって決まると言っても言い過ぎではありません。

天然水を選ぶ醍醐味はこのようなところにもあります。



自分の好みの水を見つけるために、いろいろなものを試してみるのも楽しみ方の一つです。試してみれば分かると思いますが、味わいがあるのは天然水のウォーターサーバーです。